プリーツの関連商品を製作する中で、感じたこと、日常のこと、田舎の景色の折々など書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に書いた、オーダーシステムですが、プログラムがちょっと不調で
初回のカキコミしか対応出来ないことがわかり、ご迷惑おかけしています。

さきほど修正完了しました!(AM10時)

早急に修正いたしますので、少しお待ちくださいませ。

オーダーを頂いている中で、間違いが起きてしまうことがあったと
昨日の記事に書いたのですが

色が120色もあるソアフルがあったり、素材もたくさんあるから
間違いを起こしてしまうのかしら?とメールを頂きました。

ソアフルの色の多さには、本当に苦戦をしているのが現状で
少し減らしたらどうか?とアドバイスも頂くのですが…

何を減らすのかが選びきれず、結局続行になってしまっています^^;;

独立して6年を超えましたが、色や素材の間違いをした事は一度もありません。


それは、イッセ○・ミ○ケの仕事を請け負っているときに、ものすごい数の色と
アイテムの数、素材ごとに様々に変わる注文数があって

全てを1着ずつ作るシーズンごとの色8色に、そのシーズンごとにデザインされた
プリントの5種類くらいがそれぞれに3色あって…

多いときで48色もの素材の色を、指示された糸色で縫い分け
さらにアイテムもそれぞれに微妙に異なり、厳しい納期までの急ぎの仕事をしていました。


それはもう、寝るのを返上するのは当然で、下請けの人たちにフルタイムでお願いし
さらに集荷のトラックに間に合わなかったものを、夜中に車を走らせて佐川急便の営業所に送り届け、取って返して残っている仕事を進めるという、苛酷な環境で叩き上げてきた賜物だと思います。


パリコレのオーダーなどは、2週間ちょっとしかない時間の大部分を
一睡もしないで徹夜続きを敢行し、幼児2人 新生児を終ったばかりの末子には母乳を飲ませ…(笑)

よくぞやったものですが、いまだってその根性はなくしていません^^


あの複雑さに比べたら、お客様のお求めになるお色を記憶していないという方がおかしくて、ご注文の細かな数字を見落としてしまうようなことはありましたが、根本的な色の間違い、素材間違いだけはしたことがありません。

苦労はしておくものですね^^


スポンサーサイト
黒に近い紺色 細かい花柄 黒に近い紺色 細かい花柄
ウエストきゅ!ワンピース、撮影しました
セール商品だったこのワンピース、やっとお客様の下へお届けしました

出来上がってみると、生地で見てたよりもずっと素適~~(^-^)/

黒に近い紺色 細かい花柄  黒に近い紺色 細かい花柄

黒に近い紺色 細かい花柄黒に近い紺色 細かい花柄

黒に近い紺色 細かい花柄

近くセールのお知らせをすると思います…

どうぞ、目を離さずにご訪問していてくださいね^^
パーティーストール オレンジ6番色 パーティーストール オレンジ6番色

袖のところを、下側を7センチほど前にずらすことで、背中側の尖りが少なくなりました^^

パーティーストール オレンジ6番色 パーティーストール オレンジ6番色

パーティーストール オレンジ6番色 パーティーストール オレンジ6番色
アルゼンチンタンゴのダンス衣装にしたい!とのご要望から
色々なご希望が出て…。。。。。


この製作で 1週間悩み、三日泣きながら形にしました~^^;;
DSCN3720.jpg


やっと仮縫いの段階に。。。。

前も後も 裾から長く腰辺りまでスリットが入る予定…。

胸と背中に大きく開けたのが、かなり困難度を上げて
オフタートルの衿がまた…。。。

露出度が高くて…。。。。

出来上がりまでいくつもの難関が残るドレスです。。。

着丈に色々言われるので、長め、短めと 左右違えて有る(笑) 
袖の開き具合も左右変えて、どういわれても対応できるようにしつつ
もうこれ以上はいろいろ言うなぁ~~~~と涙声です(笑) 


杉本彩さんの相手役の男性とも踊る、インストラクターをしているお客様のものなんです~~。

成功するかなぁ・・・・。。。。


 お客様からお問い合わせがありました。

 「喪のエプロンは作れますか?」

 実は、ずっと気にしていて、発表したかった喪のエプロンです。

 撥水加工の生地が、数着分黒であるので、試作したくていつも
今度こそやろう!と言いながら、いつも最後まで引っ張れず、やらないままでした。

 撥水加工の生地は、定価で購入すると大変高額です。
 今ある在庫の撥水加工の生地は、小川が得意とする、
量産工場からの流出品です。

 大量生産で余った生地は、裏ルートで流れて処理されていくのですが、バッタ品とごちゃごちゃになって、見る目がないと粗悪品を買わされてしまうので、大変危険です。

 何度か痛い目にあって、信頼できる問屋さんからしか仕入れしなくなりました。

 品質的には大変良好です。

 なにせ、彼をして質が悪いと決めるレベルでは、
「べらんめ~ そんな物はくずじゃねぇか!売るようなものじゃねぇぞ!くれてしまえ!お代頂戴するなんざ、笑わせやがる。ゴミだゴミ!」と一喝するような人柄なので(笑)

 黒は数着分しかありません。紺とグレーは結構あります。

 サロンエプロンのイメージで。というご注文。

 自分でもずっと考えていたので、今回は頑張ります!

 結果はしばらくかかりますが、お楽しみに!

 喪のグッズも気になりますよね。
 バックインバックは黒で作ると、それこそエプロン入れにも
小物だけ入れてポケットに納めてしまえるし。

 ショールやスカーフなど、黒であると
コートは羽織れない場面でも、保温を約束してくれます。

 哀しみのお別れの場面でも、やはり寒いときは寒いですよね。
それが一層、心切なくなるんですが仕方ないです。
無理して頑張ると風邪引き込んでしまいますし。

 ショールはコートの代わりをいたします。
さっと羽織れて、要らなくなったらくるくる丸めてぎゅーっと捻じって
小さくしまえます。

 エプロンもシワを気にしないで、手入れが簡単だったら最高です。
しかも濡れてもはじく、撥水加工なら言うことありませんよね^^

 便利な喪のシワ加工製品。
 もっと注目したいですよね。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業