プリーツの関連商品を製作する中で、感じたこと、日常のこと、田舎の景色の折々など書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前に、喪のエプロンをプリーツで、というご注文を頂いて、
記事にも掲載しました。

出来上がってお届けも完了したのですが
バタバタしているうちに、なんとなくいつか掲載しようと
そのままになっていました。


昨日、ちゃっぴー様からコメントを頂き、
ちゃっぴー様のブログ『ちゃっぴーのゆる~い生活』に掲載していただいたとのこと、ご連絡いただきました。

『エプロン』こちらです。

前のボタンとボタンの間が、屈むとダラ~~ンと垂れてしまう!
しかも作業をするためのエプロンなのに!!!^^;;

これを如何したら良いのか。随分悩んで、色々方法を試して
結局、細くテープで包んでしまうことにしました。
apron3.jpg

apron5.jpg

この方法は、かのカネコイサオさんのサンプルを縫っているときに
衿ぐりで何度も縫って、カネコさんのはテープの端にさらにかがりミシンも入れるんですよね^^
なんだかすごく懐かしい!とか言いながら、他のもので縫ってみて
仕上がりが良かったので、エプロンで使いました。

ダラ~~ンも防げて、なかなかシャンとしてくれたかなぁ。

apron4.jpg

ポケットは相変らず悩みの種で、携帯が入れられるようにと
配慮したつもりなのですが、これは失敗。
重たい物が入ると、吊り下げているだけにぐわっと形状が崩れてしまって
プリーツならではのぐちゃぐちゃに^^;;
ハンカチとティッシュ程度の軽いもの限定ポケットになってしまいました。
残念!

後の紐のボタン止めのところです。
apron6.jpg

apron7.jpg

紐同士が離れているため、着ていてもぐずぐず 落ち着きがなくて
「どうするのよ、これ?」って感じでした。
色々な方法を試して、頭を悩ませて、結局ボタンの裏側に
布ループを縫い付けて、それを下側のボタンにかけてしまう。

こうすることでガッチリ縫い付けたほどの圧迫感を与えず、
離れてしまう不安定さを防いで、形を整えることが出来ました。


以前に作ったエプロンとは、一味違うサロンタイプエプロンの完成でした。
スポンサーサイト
エプロン


喪のエプロンを製作中です。

お客様に、「どんなものを作っているのか?」と
お問い合わせいただきました。

金額は、16,740円(サイズで金額変更なし)。
ソアフルの全色、このお値段です。

前回も書きましたが、撥水加工の生地は
黒が数着分、紺とグレーが10数着。
在庫ある限りの限定品です。

撥水加工の機能を搭載して、ソアフルの定番商品の価格で
先ずは販売開始です。
色数は3色のみですが、撥水加工の生地は大変高額なので
同じ金額は今後できる可能性は、ほぼありません。

在庫が切れた時点で終了です。
もし、気になるお客様は、早めにお声掛けください。
予約もある程度受け付けます。


デザインは絵型の段階で申し訳ありませんが、アップします。

背中の紐は、後のエプロンと接ぐところが逆三角形に
太くなっているタイプです。


特徴は、

★お尻のラインを出さないシルエット
エプロンの後は輪ではなく、真っ直ぐに落ちるラインで
紐によって多少重なる程度の考え方です。

後が止まっていないので、肩紐がずれやすいのを防ぐため
プリーツの加工が終わってから、紐の裏側にループをつけて
ボタンで紐同士を外れないようにしてしまう計画です。

★肩からずれにくい肩紐の構造
肩からずり落ちるのが心配だというオーダーに応じて、肩に傾斜をつけます。
真っ直ぐの紐だからずり落ちてしまうんですよね。
傾斜をつけることで、落ち気味になるのを防ぐ狙いです。

肩のズレを気にするのは厭ですものね。

以前から、背中にH型で紐をかける方法も考えていたのですが
案外背中のツッパリ感があって、私はどうも気に入らないです。

★ポケットはインナータイプ
「プリーツの服にポケットがないから、とっても不便!」
「ポケットというと、貼り付けタイプしかないから
携帯など重たいものを入れたら、格好悪くなってしまう!」


うんうん、とうなづかれるお客様が多いかと思います。
エプロンなら尚更、きちんとポケットの機能を果たして欲しいですよね。

なので、ポケットは縫い目を使ったインナータイプです。
時々普通の服でも縫い目の途中を開けてポケットの口を作っていて
裏側にポケットの袋布がぶら下がっているの、あるでしょう?
あれです。

位置は、肩紐の外側の少し外側くらい。
ポケットの重さを肩紐で受け止めて欲しいからです。
全然違う場所にポケットを作ってしまうと、プリーツならではの
伸縮が大きく作用して、型崩れを起こしかねないので、
場所は慎重に決めたいと考えています。

エプロンのデザイン変更は、二度目のチャレンジです。

今回は随分構想を温めてきたことと、
お洒落にはひとかどをお持ちのお客様からのオーダーでもあり
気がつきにくい点をご指示いただきながら製作しています。

乞う、ご期待!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業